繁華街のたこ焼き屋でのアルバイト体験談

繁華街のたこ焼き屋でのアルバイト体験談

最近ではチェーンのお店がいろんな場所にできているたこ焼き屋さん。
屋台のお店だけではなく現在ではファーストフードのような立ち位置で気軽に食べることができるよ。
でも焼くのってやっぱりテクニックがいるんじゃないの?
そんなたこ焼き屋さんのアルバイト情報をPOPさん(23歳女性:バイト時20歳)に語ってもらいました。

アルバイトの体験者POP 22歳女性
アルバイトの勤務地大阪府大阪市
働いた期間1年8ヶ月
職場の年齢層20代中心
職場の男女比4:6

出会いには期待できる?

従業員は若い男女が多く、お客さんとのコミュニケーションも多いので出会いに期待できます!

POPさんによる基本評価

仕事の簡単さむずかしい★★★かんたん
仕事の楽しさつまらない★★★★★たのしい
人間関係なかわるい★★★★なかよし
総合評価わるい★★★★よい

繁華街のたこ焼き屋でのアルバイト体験談 詳細レビュー

大学生だった頃に大阪市内の道頓堀にある有名なたこ焼き店でアルバイトをしていました。
先にアルバイトしていた友人の紹介でこのお店で働くこととなりました。
子供の頃、縁日などで見たたこ焼き屋さんに非常に興味があり、「将来、やってみたいな」と思っていました。

さしみ
さしみ

たこ焼き屋さんが手際よくたこ焼きをひっくり返していく姿は誰でも覚えているよね。
やってみたかった仕事」っていうのは始めるときも続けていくときも大きなモチベーションになるよ。

仕事の内容は、最初は飲食スペースでの注文を取り、たこ焼き等を提供する仕事からスタートしました。たこ焼きを作るのは熟練したスタッフさん4名で対応されていました。
「私もアルバイトながら、いつか、たこ焼きを焼いてみたい」と心に決めて頑張りました。
ホール内の仕事は慣れてくると単調で、あまり面白みがなく大変でしたが、その中でも常連客の方と顔なじみになって、会話する楽しみも見つけました。

さしみ
さしみ

◯◯専門のお店でも入ったばかりは普通の飲食店員のような仕事をするのがほとんどだよ。
誰でもできる仕事からスタートできるからやりたいものがある人はびびらずに挑戦してみよう。

アルバイトを初めて半年ぐらい経った時に、思わぬ形でたこ焼きを焼くこととなりました。
焼き担当のスタッフさんが急病で倒れたことから、私がそのスタッフさんに代わって焼くこととなりました。

早くたこ焼きを作ってみたいと思っていたこともあり、念願が叶った嬉しさと本当にスピーディに作業ができるか不安もありました。
その不安は見事に的中し、ホール内での接客の傍ら、常に焼き担当の作業を見てきていましたが、
実際に自分がやるとうまくいかずに他のスタッフさんからもよく怒られました。

さしみ
さしみ

いつも見ていたとはいえぶっつけ本番じゃあ失敗するのも仕方ないね。でも怖い半面、やってみたかった仕事ができるのって楽しそう。

最初に10日間ぐらいはなかなかコツがつかめずにいましたが、徐々にスピーディに仕事がこなせるようになりました。
元々のスタッフさんが5カ月後に職場復帰しましたが、その頃には他のスタッフさんとほぼ同じ速さで焼き作業ができるようにもなりました。

さしみ
さしみ

誰だって最初は初心者
しっかり作れるようになるんだなあ。

この仕事で本当に辛かったのは、冬場に特に売上が多くなるので、
お店に入って焼き始めると休憩時間以外はずっと立って仕事を行うのが非常に辛かったです。
仕事が終了するとふくらはぎがパンパンに張って痛みを伴いました。

さしみ
さしみ

立ち仕事は慣れるまでつらいけど慣れて痛くなくなる頃には足が一回り太くなってるんだよ。

昔から人と接するのが好きだった私にとって、向いている仕事だと感じました。
大学卒業と同時にアルバイトを辞めてしまいましたが、この職場で身につけた人間関係の対処方法や接客方法は現在も活かされていると感じています。

総評

さしみ
さしみ

今回はたこ焼き屋さんの体験談。うまく焼くには職人技が必要なイメージがあるけど・・・・。

しいたけ
しいたけ

やっぱり最初は失敗しちゃうよな。でもそれができるようになれば他に仕事が多いわけじゃないし腕を磨きながら楽しくやれそうだな。

さしみ
さしみ

タスクの少ない仕事は難しそうに見えても慣れるまで意外と早いんだよね。不安なく働けるから気が楽だよ。

しいたけ
しいたけ

1種類がメインの飲食「◯◯屋さん」は個人的におすすめだぞ。

コメント